年金の一種

「年金」とは耳にしますが、障害年金っていったいどういったものなんでしょうか?
障害とついているので、自分にはあまり関係ないようなイメージを持ってしまう人も多いかもしれません。

障害年金とは、国民年金や厚生年金保険、共済年金といったものの、全部に備わっている、老齢年金や遺族年金と同じような、公的な年金の一部と言えます。

この障害年金は、何かしらの原因で、障害を負ってしまったことで、生活の安定に差し支えが出ないように、働いていく上で、または、日常生活を営んでいく上で、困難が生じてしまう人のために払われる年金のことです。
ということは、誰もがこういう可能性を持っているので関係があることがわかりますよね?

簡単に言うと、障害年金は、事故によるケガや、病気が原因で、障害を持ってしまった方が、仕事をしていく上で、または日常の生活を送っていく上で、何かしらの支障が生じてしまう方のために、支払われるお金のことです。
障害年金を受給することができる資格は、「収入があるので」や「働けるので」といったような事柄だけで、決められることではありません。

この障害年金を受給するためには、受給の資格をきちんと確認して、受給に必要となる書類を集めて、請求することが必要となってくるのです。






what's new

2013/01/29
明日は我が身を更新
2012/12/27
種類を更新
2012/12/27
必要な書類を更新
2012/12/27
請求の仕方を更新
2012/12/27
受給の条件を更新
2012/12/27
障害年金の知識をつけるを更新
2012/12/27
ホームページリニューアル

明日は我が身

何にしても知識ってあったほうが良いですよね、特にあったほうがいいのが障害年金の知識です、これって明日自分がその受給対象者になってもおかしくないものですからね。